« 学校の本の整理 | Main | 高校 »

April 01, 2008

4月1日

異動した。
前任校は本当によいところだった。
みんな優しく温かく困ったら助けてくれる。
子ども達も温かい。
何人も転勤が決まってから会いにきてくれた。
保護者の方も最期まで見送ってくださった。
嬉しかった。そして寂しかった・・・。
もう一年と思ったけど、今動かないと私はぬるま湯の中にいることになると思った。
苦渋の決断だった。

新しい職場に行った。
大きな学校特有の自分の存在の小ささを知った。
みんなにいかに大切にしてもらっていたのか
みんな私の今までのがんばりなんて知らない人ばかり・・・
無力だ・・
私の研究はどこまできるのか・・・校内普及なんてできないなあと思う。

でも、分掌の負担が少ないということは
私の最大の欠点である授業力を磨けるということ
これはいいチャンス
新採用の人と一緒に学びなおそう
本を見よう 教科書を見直そう
発問を見直そう 板書を見直そう
ピンチはチャンス
私にも必ずまたチャンスがやってくる
そしてそのときみんなが納得できるまでの力をつけておこう
私の力はまだまだ伸ばせるはず

しかし情報も総合も重視されていないこの新転地で
私はどうしていけばよいか
真剣に考えよう・・・私の今までが否定されているわけではないから
しばらく静かにしておこう

|

« 学校の本の整理 | Main | 高校 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 学校の本の整理 | Main | 高校 »