« February 2007 | Main | April 2007 »

March 30, 2007

いいわけ

私は、このことをこの数日考えている。
時間の使い方、人との接し方・・

例えば、昨日私は、園田学園に勉強をしにいった。
メディつきの実践をしている私だが、その理論的な勉強はしていなかったことに気付いた。
自分の考え方が、先行研究や本に書いてあったから、自分のやり方はあっていると思っていたのではないかと思った。そうではなく、先行研究や本をきちんと読んだ上で、自分の実践や研究をすすめていくのが当たり前のことである。きっと私は、自分の実践や研究を「だいたいあっているからいい」といいわけをしてきたのではないだろうか?自分に甘い、自分に甘んじていると感じた。

同行してくださった先生方からも学んだ。
例えば、清久先生は、自分自身の明らかにならない部分を何度も繰り返し聞かれていた。「わからないから聞く」
とはっきりと言われていた。わかるまで、自分が納得するまでつきめていくこと。私は、わかる部分だけでいいといいわけをしているのではないかと思った。

土井先生は、どうしてそんなにがんばるのかという問いに、「できないから努力するしかない」とはっきりと言われた。土井先生は、ものすごい読書量と一つのことについて真剣に思考する時間を日々の中でとっていらっしゃる。私は、これくらいでいいといいわけをしているのではないかと思った。

このままでは、自分はつぶれると感じた。危機感を感じた。清久先生も、土井さんも、研究に対する気もち自分自身への気持ちを高くもっていらっしゃる。同行してくださってそんなことに気づかせてもらった。

他にもある。人との接し方・・。人って、弱い私にはとても大切な存在だけど、いつか自分から離れていくものだといいわけをして、自分の思いをきちんと伝えていないことがわかった。人と真正面で接することができないことを、
人って私のことをわかってくれないといいわけをしているのではないかと思った。

なんだかシリアスなブログになったけど、私は常にいいわけを自分にしている気がしている。肝心のことは、なかなか表せない。肝心なことに、なかなか取りかかっていない。そんな自分に気づいた春休み前半だった。

| | Comments (0)

March 28, 2007

中学校

今日は3校の中学校に書類をもって行った。
なんだか、営業マンみたいな気分になった。
それぞれの中学校に入ると、それぞれの雰囲気・・
やっぱりわかるんだよね。その学校の雰囲気。
いろんな心配がかけめぐるけど、もうがんばってもらうしかない・・

明日は女子大に行く日。
同僚の先生方に、「女子大生になってくる!」と断言して帰宅。
みんなとってもおもしろがっていた。
「○○さん、磯野きりこ的存在になってるよ!」とI先生に言われた。
そういえば、私の存在はだんだん3枚目系になっている。
ちょっと路線を変えていこう。

明日の準備。どこまですればいいのかわからないので、とりあえずまとめだけをしていく。
ほった先生には大変ご迷惑をおかけするが、とても感謝。
ほった先生はメディア系の先生なので、いろいろお聞きしてきたい。
他の2人の先生は、それぞれにテーマをもって行かれる。
私とは違う分野の勉強なので、その分野でどう研究していくのかとても楽しみだ。

情報教育について、教頭から少し難易度が高いと言われた。
やはり教科との関連の部分がうまく提案できていなかったと思った。
簡単ICT活用から、情報教育とはまでをもう少し簡単に提案しようと思った。
自分の勉強も足らないんだと思う。

この土日と、4月から始業式までを少し勉強にあてようと思う。
さあ!がんばろう!!

最近「寂しい」と感じないように、気にかけてくれている人がいるので、安定して生活。
人に流されやすい私には、大きな支えになってくれていることは本当に確かなこと。
ありがとうございます。

| | Comments (1)

March 27, 2007

メディつき洗い出し

昨夜から急ピッチで研究の本を読んでいる
体調など気にしていては前には進まない
メディアリテラシー関係の本を3冊
付箋を貼りながら、注意深く読む。しかし頭がやはりしっかりとは働いていない
読めば読むほど他の文献にあたらないといけない部分も見えてくる
もう、時間はない。どうしてこんなにのんびりしていたのか・・悔しい時間がある。

今日はほぼ担任も決まった
がんばらないといけないことも決まった
いろんなことが当たり前のように決まっていく
その中に取り残されないように前に進まないといけない

今日から急ピッチで進もう
のんびりしていてはいけない。
早速に発表の機会を得た。
パワーポイントのソフトも新しいのを購入しよう
これを機会に上達しないといけないものもある
がんばる意欲をまた取り戻してきた

昨日は楽しい話もしたけど、ちょっと辛いこともあった。
でももう今日はそんなことは忘れて、前に進もう。
自分の思っているほど、相手が思っていないことはある。と改めて思った。

| | Comments (0)

修了式

相変わらずの吐き気と頭痛に見舞われながら、学校へ。
ゆっくり休むなんてことは私には無理なので、治りもかなり悪い。
もう私の担任の子どもはいないが、今日は修了式。
大人数をかかえての1年間。先生方本当にお疲れさまでした。
我が校は1年生以外は、どの学級も40人。
さまざまな子ども達がいるなか、先生方は必死で毎日を過ごしている。
今年度転勤されてきた先生方には、本当に目が回るような1年だったと思う。
私の同期の先生が
「本当に大変で自信をなくした・・」という言葉を言われていた。
少人数ではできることも、大人数ではできないこともある。
子ども達にかかわる時間も絶対的に違う。そんなもどかしさから、投げ出してしまいたいこともある。
クラスが一つでなければ、バラバラ感を感じ自信をなくしてしまう。
40人ということは、保護者がその倍はいる。常に100人近い人々に見られて仕事をしている感じ。
その心の重さといえば、耐え難いものもある。年休もなかなかとれない。そんな脅迫感まで感じてしまう。
そんな中、本当に先生方お疲れさまでした。
心からお疲れさまと申し上げます。なんといっても私は、経験年数からいえば一番下っ端。
その分私は今日は、力仕事に専念。なぜか卒業した6年生が出現(毎日)力仕事を手伝ってくれた。
私は、常々クラスの子どもに言ってきた。
「少人数より大人数の方が楽しいじゃん。友だちは多い方が楽しいでしょ。先生は40人いるから楽しいよ。」
でも、本当は大変なんだ。でも、来年もきっと大人数。
校長・教頭面接でも、ラスト1年で、とりまとめをするようにとの指令。研究・情報・総合・・それらの仕事を40人をかかえながら進める。また、豪快に笑い飛ばしながら1年を過ごしていこう。それしかできないから。
私は、校内で弱さを出せる人ではないから。

| | Comments (0)

March 24, 2007

県P連・市P連

卒業した6年生と、私が県P連・市P連に名指しで表彰されました。
友だちのメールで初めて気付いた私。
推薦してくださった方々ありがとうございました。
私の名前(教諭)って書いてあるのは、私だけだったのでかなり恥ずかしかったです。
でも、これもあの子達がいたから・・・本当にありがとう。

このニュースに、ちょっと元気になって仕事を始める。
がんばらないといけないことがいっぱい。
私の大大師匠の堀田先生もがんばっていらっしゃる。
師匠の高橋先生も・・友だちの先生がたも・・
堀田先生の中で、経験年数が若手の私はとにかくがむしゃらにがんばるしかない。
少々のこと気にせず前に進もう!
明日は修了式。

| | Comments (0)

March 23, 2007

中学校連携日

今日は、中学校との連携日。
K中とN中へ。その他にもH中へ1人。県南に1人。
けっこうみんなバラバラになる。
クラス分けをし、一人ひとりのコメントを書いて提出。
各小学校の雰囲気を聞く。
唖然とすることばかり。えっ!?ということばかり・・
大丈夫かな?とかなり心配になりながら帰路につく。
いろんなことを乗り越えてきたあの子達だから、きっとなんとかするだろう・・
うーん。でも初めて目にする光景が多いかも知れないな・・・
大丈夫かな・・もっと鍛えておけばよかったかな・・
我が校の6年生は、本当に幸せに過ごしてきたんだなと改めて実感した。
6年生の担任としての仕事は終了。
なかなかゆっくりと休むこともできず、インフルエンザは治っているのかどうかわからず
他の先生から、疲れがどっと出ているんだよと言われ、そうかもって思う。

他県の先生方の中には、今日が修了式の方もいらっしゃる。お疲れさまでした。
それぞれに思いのこもった『修了日』を迎えたことでしょう。
それぞれの先生が、子ども達ときちんとお別れをする日。
1年間を思い出した時、そまざまなことがあったでしょう。いいことばかりでない日も・・
私は毎年伝えたいことの半分も言えないままお別れしてしまう。すぐに涙が出てしまうから・・

祖母が脳内出血で入院して4日が経った。
依然意識はない。ちょうど2年前祖父が倒れた時とほぼ同時期。

人っていつどうなるかわかないんだなって思う。
私はいつ倒れてもいいように思い残しのない日々を送っているだろうかな?
したいこと・行きたいとこ・見てみたいもの・会いたい人・話したい人・・・
会いたい人・話したい人が今は一番かな。
でも、したいことと、できることは違うんだよな。
はぁ・・。また止まったからいらないこと考えてしまった。
早くインフルエンザ治さなきゃ。思考がマイナスにむかっているぞ

| | Comments (0)

少し回復

話題のタミフルを飲んで、少し動けるようになった。
今日は中学校との引き継ぎ日。朝年休を1時間いただいて、少し休んでから出勤。
昨日は頭が痛く、仕事は進まなかったので
今朝から一気にすまさないといけないな。
かなりのスピードで仕事を仕上げてきたのに、
インフルエンザでストップしてしました。
自己管理が甘いな。
励ましコールでかなり元気になった。ありがとうございました。

| | Comments (0)

March 22, 2007

インフルエンザ

なんとなくいつもと違うしんどさ
今日は意を決して病院へ
検査をするとインフルエンザB型
学校に行くも、みなさんに追い返され
自宅へ。
今日は寝ます。

| | Comments (0)

March 21, 2007

今日からのめあて

今日からは、自分の為の時間ができる
普段なまけているので、挽回を始める(3月中に必ずすること)
1 読書(1日2時間以上、読めることろまで読む→付箋を貼る→まとめる→数日たってもう一度読む)
2 指導書を読む(1日1学年ずつ→そこからわかったことを書きだす)
3 学習指導要領を読む(3回目・・メディつき(情報教育)にかかわる部分を抜き出す
4 研究を進める(洗い出しがストップ中・・かなりの挽回が必要)
5 論文を分析する(一度NIMEに行きたいけどかないそうにないかも・・)
6 絵本をかく(勝手な趣味・・・これはしなくてもよい息抜き程度)

4月の春休みにすること
1 新学年の分析と学級経営の方針を決める
2 研究推進の今年度の方向性を再提出(今年度提出した物を少し修正)
3 総合的な学習の時間の方向性提出(英語は終了・全体計画をまとめなおし提出)
4 情報教育のカリキュラム作成(国語・算数の関連教科は入れ込んだ。他教科との関連を入れる)
5 英会話に通う(NOVAかイーオンか悩み中。加えて松香フォニックスにも通いたい)
それと、琴か誘われているコーラスか一度初めてやめた油絵かを始める。
本当は、創作系のものをしたい。運動は、グラスハウスに行くつもり。
ミュージカルは今年は遠慮。(宮沢賢治分析なんて私には無理。)
加えて、3月までの目標を続ける。これくらいしないと、私の力なんて伸びるわけがない。

自分の時間を有効に使おうと思う。
私は、暇な時間ができると寂しくなる。
校内の先生に「マグロと一緒だから止まると死ぬんだわきっと」なんて言われたけど
いっぱい怠けているから、いらないことを考える。

卒業から1日が経った。
昨日夜、お祝いの電話をくださった方もいて、とても嬉しかった。
今日もお会いした方々から、お祝いを言われる。
体の調子はよくならず。頭の重さと寒気はおさまらない。
疲れがどっと出たかな?だから止まったらだめなんだよね。
でも、パソコンの前に座ると元気になる。
なんでだろう・・・?
ディスクトップもそろそろ買い換えたい。でも先立つ物がないです。

明日から、職員室で働く。どんな風なんだろう。
よその教室ものぞいてみよう・・フフフ
いやいや次の日、中学校との連携日なので、その準備をしよう。

| | Comments (0)

March 20, 2007

卒業2

Hana
子ども達からばらの花を1本ずつもらう。
先生はばらが似合うおんなだからね。なーんて冗談をいいながら・・・
たくさんのありがたい言葉をつぎつぎにいただく。
保護者の方からも
先生のこと絶対に忘れません
素敵な先生でいてください
子どもらの相談相手でいてください
いつまでも先生を続けてね
大好きだったよ
本当に感謝してもしきれません
など心のこもった言葉をいただいた。もう3回目の保護者もいた。
本当に心の温まる保護者だった。

子ども達からは
先生との思いでは忘れんよ
一番にいつもわたしらのこと考えてくれたよね
無理しちゃあいけんで
外人にナンパされんちゃんなよ(バス遠足でナンパされました)
厳しさは優しさの裏返しだよね
東京までつれていってくれてありがとう
これからは自分を一番に考えてよ
この1年は楽しかった
信じてくれてありがとう
みんなを一つにしてくれてありがとう
ここまでかわれたのは先生のおかげだよ
などなど

こんな幸せな時間はもうないかも知れないと思った。
自分なりにがんばったことは無駄ではなかった。苦しい時期もあった。私的なことで悩んだ日々もあった。
体調がかなり悪い時もあった。そんな時いつも支えてくれたのは、子ども達だった。
気もちの切り替えが必要だろう。明日はどうにかゆっくと過ごし、この気持ちを整理しよう。

| | Comments (4)

卒業式

今日は、熱がある子どもも真っ赤な顔をしながら出席
その様子が気になってしかたなかった。よびかけの時も、たつこともできない子どもが6人。
こんな状態の中で、声が出せない子どもの分を必死で言う子ども。
調子の悪い子を気遣う子。式の中でも、助け合うことを見せてくれた。
万全の調子で出席できなかったことをすごく残念に思うけど、みんな出席できてよかった。

教室に帰ってから以下のことを伝えた。
昨日作った「みんなから学んだこ」を一人ひとりに伝えたあと

みんな今日までありがとう。みんなの姿から、たくさんのことを私は学ばせてもらいました。みんなは私の先生でした。一人ひとりが私に教えてくれたことは絶対に忘れません。ありがとうね。
これからの生活の中で、辛いこともうまくいかないこともきっとあると思います。そんな時、このクラスのことを思い出してください。たくさんのことを乗りこえて今日の日に至ったことを。どんな時でも無駄な時間はありません。その時間はきっと後になってみれば、意味のある時間だったと思えるはずです。
私はみんなの1番の応援団です。いつでも必要になったら、私をたよってください。
この1年間本当にありがとう。明日からこの教室に来ても、もうあなたたちに会えないと思うと、涙が溢れてとまりません。もっと一緒にいたかったけど、次のステップへと笑顔で送りだしたいと思います。どんな時も一人ではなかったこと。そして、これからも一人ではないことを覚えていてください。
自分の未来は、自分の手でしっかりとつかんでください。心から応援しています。     
何か心に悪魔がやどったら、その時は私の怖い顔を思い浮かべてね。
たくさんの時間をありがとう。素敵な思い出をありがとう。本当にありがとう。

多くの子が泣いていた。すすり泣く声が教室に響く。私も何度も涙が頬をつたった。

友だちの宮脇先生からお祝いメール。
宮脇さんも、金曜日の卒業式にむけてもう涙が出そうになっているらしい。
授与式の名前を呼ぶとこまでは、泣いてはいけないよと脅す(笑)。宮脇さんにもこの1年たくさん力になってもらった。いい意味でライバルでもあるけど・・・。
6年生の担任って、その学年を全て請け負っておるように思えるけど、長年の蓄積があって卒業する。
6年生の先生が主役ではない。ここまでの先生方の努力のおかげ。
6年生の担任になってわかったことは山のようにある。こうやって私も成長してきたつもり。
これで、1~6年までと通級指導教室と経験したことになる。
どれも浅くしか経験できていない。後2年で10年研。それまでに、学ばなければならないことを進める。
今日は、とにかく休むことにしよう。熱は38度までには下がった。
明日からは、研究にいそしもう。

| | Comments (1)

March 19, 2007

お祝い

Keki
たくさんのお祝いが続く
勿論子どもにもお祝いが届く
1年生からの担任の先生方からも祝電。
手作りが温かい。
今日は、「何もしないでいいから、子どものことだけ考えておけばいいよ」
子どもが大勢休んだことで、落ち込んでいる私の気持ちを察したのか
どの先生も温かい言葉をかけてくださる。
初めての6年生担任。緊張でいっぱい。
教室も手作りでいっぱい。
体育館も手作りでいっぱい。
心からこみ上げてくるものがある。

ここのところお祝い続き
ラ・プロバンスのケーキとポコ・アポコのケーキ
私へのプレゼントを見直してみるとなんとなく私は、女の人っていうより女の子っぽい人物なのかも・・
中身が幼いってことだきっと。
スティッチグッズも増えた!嬉しいな。
一つひとつに思いがこもっているプレゼント。私は何をプレゼントできるかな?
誕生日にもらったプレゼントも大事にしよう。4月には活用できるかな。

Keki2

| | Comments (0)

通信最終号

最終号は、私がみんなから学んだことを書いた。明日卒業式の後クラスで一人ひとりに声をかけようと思う。
この1年間、子ども達から学んだことは山のようにある。本当に素敵な6年生だった。
今日は9人も休んだ。「熱があっても学校に行かせて!」と休んだ子どもが電話してくる。
41個の机が9つないだけでもすごく辛かった。明日卒業すれば、この机には誰も座らない。
一生懸命にがんばったみんなも私も。いっぱいういろんなこと気づかせてくれてありがとう。
明日は、体調の悪い中子どもらは登校するだろう。その姿を見ただけで涙が出ると思う。

A君からは、何事も一生懸命にすることの大切さを学びました。どんな場面でも自分の力を発揮しようと、一生懸命な姿をみんなにみせてくれてありがとう。

Iさんからは、どんなことも冷静にすることの大切さを学びました。いつもしっかりと考えてから行動したね。みんなも冷静になれたよ、ありがとう。

IAさんからは、どんなこともはりきって前向きにがんばることの大切さを学びました。いつも、みんなを前向きにしてくれてありがとう。

IK君からは、いつも明るく友だちに接することを学びました。どんな時でも、元気で明るくてみんなを励ましてくれたね。ありがとう。

ISさんからは、自分の思いを伝えることの大切さを学びました。伝えないと伝わらないこと、そして伝えることの難しさも教えてくれました。ありがとう。

E君からは、気持ちのよい挨拶や返事をすることの大切さを学びました。あいさつ一つで人の気持ちが明るくなることを教えてくれてありがとう。

Oさんからは、努力することの大切さを学びました。勉強は勿論、県大会での成績は、日々の努力からなりたったものです。努力の大切さを教えてくれてありがとう。

Kくんからは、人に優しくすることの大切さを学びました。辛い時、悲しい時、Kくんの優しい一言で、みんな元気になれたよ。本当にありがとう。

KTさんからは、穏やかに過ごすことの大切さを学びました。穏やかな心でいると、みんなが優しい気持ちになれることを教えてくれてありがとう。

KSくんからは、苦手なことにも挑戦することの大切さを学びました。苦手なことも努力することで、成功させることができることを教えてくれてありがとう。

Sくんからは、人を許すことの大切さを学びました。人が間違ったり、失敗を繰り返しても、許すことで人が救われ頑張れることを教えてくれてありがとう。

Sさんからは、自分の役割を果たすことの大切さを学びました。その姿は、下級生達の見本にもなりました。みんなの責任感も育ててくれてありがとう。

SKくんからは、下級生に優しくすることの大切さを学びました。年下の人たちにも優しくすることで、上級生が信頼されることを教えてくれてありがとう。

Tくんからは、自分の意見をはっきり言うことの大切さ学びました。人と人は話さないと通じ合えないことを教えてくれてありがとう。

Tさんからは、みんなの為に働くことの大切さを学びました。みんなのことを考える人がいて、みんなもみんなのことを考えることができたよ。ありがとう。

THくんからは、まじめに取り組むことの素晴らしさを学びました。どんなことにもまじめに取り組む事で、成功することができる。そのことを教えてくれてありがとう。

TAくんからは、繰り返し練習することの大切さを学びました。練習すれば、何でもできるようになり、結果を出すことができることを教えてくれてありがとう。

TSからは、責任感をもつことの大切さを学びました。責任感をもつということは難しけれど、それが生活の中で大切なものであることを教えてくれてありがとう。

Nさんからは、人をまとめることの大切さを学びました。人と人がまとまらないと一つの目標が達成できないことをみんなに教えてくれました。ありがとう。

Nくんからは、人は変われるものであることを学びました。気持ち一つで人は変われること、そのことで人から信頼されることを教えてくれました。ありがとう。

NMさんからは、自分の考えをもつことの大切さを学びました。自分の考えがあれば、人に流されることもなく、冷静に判断できることを教えてくれてありがとう。

NK君からは、リーダーという存在の大きさを学びました。人にやる気を起こしたり、気持ちをまとめたりする人がいて、みんなが一つになれました。ありがとう。

NYくんからは、安定した気持ちで生活することの大切さを学びました。生活の中で、安定していれば、冷静に判断することができることを教えてくれてありがとう。

Hくんからは、素直な気持ちでいることの大切さを学びました。素直な気持ちでいるといろいろなことが、たくさん吸収できることを教えてくれてありがとう。

Hさんからは自分自身のことに気づくことの大切さを学びました。自分の行動はどうか等、立ち止まって考えることで正しい方向に向かうことを教えてくれてありがとう

HS君からは、人に流されないことの大切さを学びました。今は何をする時なのか考えて行動することができました。みんなの見本にもなりました。ありがとう。

HJさんからは、人の気持ちを考えることの大切さを学びました。アドバイスをしたり励ましてくれたりして救われた友だちが多いと思います。本当にありがとう。

HAさんからは、精一杯がんばることの大切さを学びました。どんな場面でも精一杯がんばる姿に、みんな感動させられました。ありがとう。

HSさんからは、最後までやり遂げることの大切さを学びました。辛い時や苦しい時があるけど、乗りこえると素晴らしい結果がでることを教えてくれてありがとう。

F君からは、みんなと共にすることの大切さを学びました。みんなと一緒にすることは大変だけど、楽しいことであることを教えてくれてありがとう。

Fさんからは、人を好きになることの大切さを学びました。クラスのみんなを好きでいると、みんなも嬉しくて楽しい気持ちになることを教えてくれてありがとう。

HEさんからは、高い意識をもつことの大切さを学びました。高い目標をもっていれば、人は大きく変化し成長することを教えてくれてありがとう。

HH君からは、得意なことをもつことの大切さを学びました。得意なことがあれば人から頼りにされたり自信をもつことができることを教えてくれてありがとう。


HMさんからは、自信をもつことの大切さを学びました。自信をもてば、表情も変わり、堂々とした態度で活動することができることを教えてくれたね。ありがとう。

MMさんからは、人と合わせることの大切さを学びました。人と合わせることはとても大変なことだけど、その中で自分が成長することを教えてくれてありがとう。

Yさんからは、何でも吸収することの大切さを学びました。勉強や活動の中で学んだことを自分の生活の中で生かしていくことの大切さを教えてくれてありがとう。

Yくんからは、最後まで責任をもってすることの大切さを学びました。自分の役割を最後までやり遂げる姿は、みんなのお手本になりました。ありがとう。

YHくんからは、美しい心をもつことの大切さを学びました。美しい心をもっていれば、周りのものも違って見えてくることを教えてくれてありがとう。

YKくんからは、いつも笑顔でいることの大切さを学びました。笑顔でいると友達も助けてくれたり励ましてくれたりすることを教えてくれたね。ありがとう。

Rさんからは、みんなの意見をまとめることの大切さを学びました。いろいろな意見をまとめると、素晴らしい考えが浮かんでくることを教えてくれてありがとう。

Nさんからは、人を受け入れることの大切さを学びました。さまざまな人と接し、その人の思いや考えを受け入れること、そうすれば、みんなが気持ちがよくわかることを教えてくれてありがとう。


| | Comments (0)

March 18, 2007

インフルエンザ

とうとうインフルエンザがわが校の6年生にもやってきた
近隣の学校の6年生が学年閉鎖に相次いでなっていた。
心配はしていたけどやはりという感じ。
既に4人から連絡があった。
明日はきっともっと多い人数が休むことだろう。
なんてことなんだろう・・・。
卒業式の前日に休む人が多数なんて・・最悪。
ついでに私の体調も最悪。
気分も最悪。
学級事務は全て終了。
気持ちよく終わりたかったのに、残念だ。
インフルエンザめ!腹が立つ!!!
って私もインフルエンザか?

| | Comments (6)

March 17, 2007

最後から2つ目の通信

最後から2つ目の通信
4月からの思い出を書く。
書きながら涙が溢れて止まらない・・・
ここまでの長いような短いような時間
「共に思い出をつくった日々」の題で書く。
内容は、みんなへのお礼の言葉。

この1年私も多くの人に支えられた。
保護者・子ども・学校の先生方・地域の方々・・・

その他にも、このブログを通して励ましてくださった方々
個人的にメールで励ましてくださった方々
悩みを一生懸命に聞いてくださった人
時には叱咤激励してくださった人
今年は、素敵な出会いもあった。
いろんな支えがあって今の自分がいる。
いい歳をしておかしいけど、誰かに支えられることって人には大切なんだと思う。
こんな私でも支えてくれて、応援してくれる人がいるってこと
本当に嬉しい。ちょっと感傷的になってるかな?

卒業式が終わったら、きっと蛻の殻のようになっているだろうな。
卒業式は、私はどうなるんだろう。
卒業式の後、友だちと食事をするから、その時いっぱい泣こう。

I先生は、子ども達一人ひとりにマイタウンマップの写真集を作ってくださっている
Y先生は、一人ひとりにペガサスを・・
M先生は、「こんな幸せに過ごせた6年生はいない」ってみんなに伝えてくれた
幸せな6年生のそばにいて、私も幸せになった。
私も、私のそばにいて幸せだと感じてもらえる人になりたいな。
ってちょっとロマンチックになってしまった。ははは

| | Comments (0)

成績

月曜日に「あゆみ」を配る。
校長先生が、点検をしてくださった。
いつも一言達筆で言葉を贈ってくださる。
今回は「それぞれの子どもは力をしっかり伸ばし、自信をもって巣立ってくれそうですね。猛烈な努力に敬意と感謝を申し上げます。どうぞ来年もがんばって子どもを伸ばしてくださいね。ご苦労様でした」と書いてあった。
猛烈な努力という箇所が、ちょっと恥ずかしくなった。
努力は、私の中でできていない。本を読むことも、授業の研究をすることも・・・
まだまだ来年がんばらないといけないことがたくさんある。
私はまだまだの教師で、まだまだ甘い。
休むこともいっぱいしてるし、怠けることもいっぱいしてるし

| | Comments (0)

2日前

20日に卒業式を迎える。
何でも一生懸命にすることの大切さを、その姿から下級生に見せてきた6年生。
まあ、基本はやんちゃなんだけど・・・男子も女子も
そのギャップがまた「やる時はやる」という安心感をもたせてくれた。
大きな声で歌う、自身たっぷりに呼び掛けをする、4月からのいろいろな思い出が頭をかけめぐる。
何度も目の前がかすんでくる。でも、私は泣かないことにしている。
笑って送りだしてあげたい。だって、辛くて悲しくて情けない涙はみんなで流してきた。
うれしい時は、笑って送りだしてあげようと思っている。無理だと思うけど・・

今日は1・2時間目はお別れ会。5年生の時迷惑をかけた先生方と話をしたいと言った。
みんな一言ずつ話をした。なぜか私はいないように言われたけど・・?
T先生も泣かれていた。あの頃のみんなは、本当に荒んでいた。
その後、クラスのみんなにむけて一言ずつ話していた。一人ひとりが自分の思いをしっかりと話した。
私も一人ひとりに、一言だけ声をかけた。みんな泣きそうになる。でも歯をくしばっている様子が見える。
本当に、「人は変われること」をその姿から教えてくれた1年だった。

卒業式の練習後、4年生と5年生に話。
「6年生の為に、素敵な歌声と素敵な演奏をありがとう。卒業式でもよろしくお願いします。6年生を温かく送り出してやってね」と伝えた。下級生のみんなもキラキラした目で見てくれた。(怖いからかも知れないけど)
卒業生もみんなでお礼を言った。

後2日。保護者の方からの手紙やプレゼントが届く。なぜかスティッチが多い。
そういえば、佐藤学級の子どもにも「スティッチ先生」って呼ばれたなあ。

| | Comments (0)

March 12, 2007

佐藤学級訪問

あまりに自分の力のなさを感じた佐藤学級訪問。
しばらくブログにも書けないくらい私には衝撃的だった。
今回私は、佐藤先生の一言一句を聞きのがさまいと、記録をとりつづけた
さらに、子どもにどんな言葉をかけていらっしゃるのか、グループ活動ではどう声をかけていらっしゃるのかをしっかりと見たいと思った。

指導案を拝見させていただいたとき、教材研究、その授業の流れのスムーズさに圧巻。
知識として押させる部分。自分の今までの知識や経験と合わせて考えあわせる部分。
そしてねらいへとつながっていく。すべてに全くのすきがない。
教材+発問+子どもの思考の誘導+押さえ+振り返り・・・・全てがプラスされて授業が成り立っている。
自分がどんな無駄なことに時間をとったり、いいかげなんな授業を展開しているのかわかった。
圧倒的に授業にかける時間が私には足りない。

社会での「国旗と国歌」は、メインの単元ではない。私は、図書室でさまざまな国に分けて、その国旗の意味とその国の特色、歴史、日本とのかかわりの4観点に着目させて調べ学習をした。そして、情報交換。その中から
それぞれの国旗には、意味があり敬うものであることを押さえた程度。

しかし、佐藤先生の授業は、地図学習の国旗のデザインを想起させ、パラオの国旗から日本の国旗へとつなげていらっしゃった、そして、教科書を用いて「日章旗」の使われているところを探さす。
なんの無駄もない。さらに、子どもに「知らないことを知る」時間だということを、自覚させていらっしゃった。
「なにかいいことはありますか?」の繰り返し発問。これによって、「何と言えるものなのか」押させられた。
このあたりが、教科書を用いて、それぞれの使われ方を分析され、子どもの知識の習得につながっていた。
日章旗についての知識は口頭でも話された。これにメモをとっている子どもが数名。こうやって知識が積み重なっていくんだと感じた。君が代の意味、他国の国家の意味、このあたりの比較もすごい。押さえたい内容に即した教材が用いられた。途中で一言感想を入れることで、確認。そしてさらに上乗せして知識を増やす。まったく無駄のない授業だった。

国語の「生きる」は、何度か授業をみてきた。佐藤先生の「生きる」は、それぞれの連を、押さえたい部分を明確にして発問。さまざまな解釈があるなか、「生きることのすばらしさ」を感じるように仕組まれていた。
どの程度までを最終のめあてとするのか、それによって発問を考えられているのかよくわかった。
私は今日ゆずり葉の授業をした。私の授業では、この無駄のない授業をめざして実践してみた。ちょっと発問がぶれた。

情報テキストを用いての授業。ツリー構造。この言葉は、何を示すのか、どういうものなのかの押さえが難しいと思った。活動から一般化していくまでは、その過程においての様々なしくみが大切だと感じた。
スーパーマーケット、子供会等、身近なことを取り上げ一般化していかれた。

授業の達人の佐藤先生の表情、言葉の抑揚、ノート指導・・・生佐藤先生は本当にすばらしかった。
とっても遠いかったけど、行ってよかったと思った。百聞は一見にしかず。やはり行ってよかった。

皆川先生、清久先生、小谷田先生、高橋先生、土井先生のブログにも感想が載っています。
みなさんすばやい!というよりも私が遅い!

| | Comments (4)

March 07, 2007

研究推進

今日で提案が終了。
きのうの膨大な資料の整理と分析、さらに来年度の方向性を決めるのに苦労したかいがあり、結構すんなり通った。良かった。来年度は、研究の柱と研修でしていくこと、研修の方法等を改善しながら進める。ちょっとだけいい案が浮かんだので、明日かかりに提案してみようっと。

今日は6年生を送る会。各学年から心温まる贈り物と出し物。たくさんの時間を費やして、今日の日をむかえてる。そのことがわかっていたのだろう、6年生もウルウルしていた。
優しかった六年生・かっこよかった六年生・大好きな六年生 という言葉が胸に響いた。その言葉をR先生がのぼりにして作ってくれたので、廊下に張った。
6年生も、合奏の送りもの。4年生の時、市の演奏会で1番うまいといわれた子ども達。今のその腕は健在。
とても迫力ある演奏をした。3学期はじまって早々から、特訓を重ねただけある。今日はシンバルが休んだので、
私も一緒にシンバルを演奏。自分の役割を果たすのって、本当に大変なことなんだな。息を合わせることも・・と思いながら演奏に加わった。こうして子ども達と一緒にできる日々は後9日。

| | Comments (0)

March 06, 2007

メディアとのつきあい方学習INかげ

今日は公開授業。といっても、公開は大々的にしなかったので、ちょこっと公開授業。
授業の流れは、私が研究協力をさせていただいている高橋先生のブログに載せてくださっている。
時間が全然取れず、本当に高橋先生には申しわけないような授業になってしまったが、子ども達は、端的に答えていた。高橋先生には、発問は難しかったけど、子ども達が本当によく考え発言していると誉められた。子ども達は、自分の言葉で自分の考えを発表することができてきている。それは、この1年でなりたったものではなく、この学校での取り組みによるものだと思っている。って私は、研究担当なので、自分でほめているわけではないが・・
あらゆる場で自分の言葉で話すことを繰り返してきたこと、総合での人とのかかわり、下級生とのかかわりや発表、アドバイスなど、6年生にはあらゆる場面が設定されていた。その積み重ねでここまで力をつけてきた。
今日は、研究推進の会。かなり大変な作業だった。しかし、次年度の方向性が明らかになった。すっきりした提案ができたように思う。我が校は、特別支援教育の先進校とも言われ、この夏出版も決まっている。そんなアプローチからも、個々の力はついてきた。6学年のほとんどが、1クラス40人もいる学校はそうはないけど、あらゆる場面で、先生方の専門性が光る我が校は本当に素敵な学校だと思った。

| | Comments (0)

March 05, 2007

アクセス

昨夜からのアクセスのすごさに思わず昨日はブログを書けませんでした。堀田先生効果はとてもすごいと思いちょっとびっくりしました。あまりしょうもないことは書けないと心に誓った私です。
今日は、40人全員そろっての授業。疲れはあったでしょうが、みんな出席しました。

明日は公開授業。メディつきの授業。高橋先生の研究協力員ということで実践。
45分間の中に、送受信の活動を入れる。
発信者の意図によって情報は取捨選択され、それによって受け手のイメージがつくられることを知る。その上で、メディアとどうつきあっていくのか考えるのが今回の大枠。
城西を伝える1枚の写真選び(3枚)から、どうしてその写真を選んだのか、そして、その写真によって城西はどんなイメージをもたれるだろうか?という発信者体験。
その学習の上で、沖縄のイメージを想起させ、何からその情報を得ているのか確認。特徴的な写真とそうでない写真を出し、なぜ使われているのかを話し合う。そして、意図の存在と、イメージがつくられていることを再確認。
その上で、メディアとのつきあい方を考えるという受信者側の活動。
2度、特徴を伝えようとする意図の存在とイメージがつくられていることを確認する。うまくいくかな?
pptを作って授業の流れを確認。

5時間目は、高橋先生の「情報テキスト」をもちいた飛び込み授業。楽しみだ!!
今日は子ども達にちょっと喝を入れてしまったので、明日は楽しく過ごそう!

研究推進はちょっと停滞。金曜日にいなかったので申しわけなかった。
情報教育の提案は通った。ICT活用授業を短時間で紹介・模擬授業も行っていく。カリキュラムは大きな変更もなく、明日から教科の関連単元を入れていく作業。情報教育と総合的な学習の時間の関連を明確にしてほしいとの意見が一人あった。自分ではわかっているつもりだが、資料などを用いて明確に提案することが必要だろうと思った。豊かな体験の位置付けが難しい。
いっぱい仕事があって楽しいけど、一つひとつきっちりやっていかないとと自分で再確認。はい深呼吸。

| | Comments (0)

March 04, 2007

マイタウンマップコンクール授賞式

夜の9時に出発して、東京に。学校の先生方も見送りをしてくださった。保護者のみなさまの温かいお言葉や、先生方の気遣い、そして消防団の方々も子ども達におやつをもたせてくださったりと、感激の気持ちでいっぱいになった。10時になると、バスの中は真っ暗に。子供達は、いいつけ(笑)通り、話をせず寝る体制になった。心配な子どもがいたので、補助席で仮眠をとることにした。結構体制は大変だったけど、気づけば隣の席の男の子に寄り添って寝ていた(笑)

途中何度がパーキングエリアにとまって休憩。しんどくなる子どももおらず、朝をむかえた。45人乗りのバスに交替の運転手さんを含め45人が乗り込んでの貸しきりバス。でも旅行会社の方のご配慮で、とてもいいバスを用意してくださっていたので、快適だった。修学旅行での子ども達の態度がよかったので配慮してくださったと後から聞いた。Mさんありがとうございました。

9時ごろ、東京入りし、高いビルや国会議事堂、東京タワーなどを見る度、立ち上がって大騒ぎ!!ったくもう。
9時半頃科学未来館に到着し、10時から見学。とても楽しんでいた。昼食をとって、会場入り。後ろの方の席で、私が座るところがなく、子ども達よりも高いところにポツンと一人になった。ちょっと辛かった。

いよいよ開会。ちょっと眠い感じになってきつつあったが、大臣賞に入ってきて、子ども達は緊張。しかも、私の名前で検索すると、必ず出てくる堀田先生がいらっしゃる。私が1番尊敬するといつもいっている堀田先生が目の前に・・ということで緊張!!どうしようそうしようと小声でみんなが話していた。

いよいよ出番。40人を早く並ばせないとと焦る。児童会長とリーダーのリーダーとが代表で受賞を受けた。インタビューも二人に・・校長先生が「ふるいにかけることができないので、全員で参加することにした」といわれた。ここまで全員を参加させることは、大変だったけど、保護者の方々の温かい思いと先生方の理解、地域の方々の支えがあって本当に参加できてよかったと思った。二人の子どももきちんと答えていたので、よかった。手が震えていたので、かなりの緊張があったと思うが・・

懇親会。40人の子ども達の状況把握に追われた。中には、堀田先生をはじめとする絶対にお会いすることもできないような省庁の方々と名刺を交換している子どももいて冷や汗。堀田先生に「いつも先生がお世話になっています」なんていうことにみんなでしていたらしく、びっくり。頭がパニックになりそうだった。徳島の3人の先生方ともお話を少しだけ。緊張してわけのわからないことをちょっと言ったような・・。玉置校長先生と初対面。ご挨拶。山脇先生とはお話ができず。

最後までおることはできず、途中で退散し、東京駅で買い物、のぞみ、バスで学校へ。途中銀座をみて騒ぎ、東京駅で騒ぎ、岡山駅の西口で騒ぎ、おのぼりさん状態。(笑)学校で解団式をして解散。のぞみで寝る子どもも多く、疲れただろう。お疲れ様。卒業まで、後少し。かんばろうね。

桜田さん、高橋先生、梶本さん、鈴木さんともご挨拶ができて嬉しかった。こうして全国の方々とお知りあいになるってことは、想像もつかなかった数年前。今、とても自分が恵まれていることに気づく。

道中で、校長先生と情報教育について、私の研究についてゆっくりと話す。校長先生は、「私は情報教育の専門ではないし十分にわからない部分もあるけど、あなたのやっていることは、大事なことだよ。子ども達の伸びをみたらわかる。これからもがんばっていきなさい」と言われた。私がしていることに何も言わずいつも見守ってくださる校長先生に心から感謝した。

昨夜は、ふとんで寝られることの嬉しさを実感した。長い1日だったけど、本当に心に残る1日になった。もう2度とこの時間は戻ってこない。

| | Comments (5)

March 02, 2007

東京へ

今日夜から東京へ出発!
ちょっと家に帰り、準備。みんな寝てね。お願いだから・・

学校でどんな気持ちで参加するのかを確認。いろんなものを背負って参加することは大変だ。
40人が同じ気持ちで参加できるようみんなで確認をして別れた。
どんな顔で夜集合するだろうか・・・がんばろう

| | Comments (2)

March 01, 2007

ハードな一日だった

今日はかなりハードな1日。
1時間目。全校集会。その後結団式。Tが決意を話す。きちんとできだしたなあと感心。
2・3時間目スタンプラリー。6年生が3年生に、取材の仕方や写真の撮り方などを教える。大きくなりました。とても危ない道をけがもなく帰ることができてよかった。N先生にも感謝された。よかった。人の役にたった。
4時間目の授業もそこそこに、12時50分ごろから市長訪問。激励の言葉。Nがお礼の言葉。素晴らしい。
5時間目、国語仕上げ。しっかりと行間を読み解くことができた。今日の発問はちょっとぶれていた。反省。
6時間目、社会科テスト。そして名刺づくり。パソコンでつくって、後は手書きで仕上げ。楽しそうだった。

放課後、5つの仕事。
1、S新聞取材1時間ほど。細かく話を聞いてくださった。記者さんの質問の意図を確認しながら・・こないだのT社の記者さんよりちょっと年上かな?と思った。
2、マイタウン最終確認会議。大勢をつれていくのは本当に大変。みなさんご迷惑をおかけします。最近の仕事の大部分をしめています。
3、研究推進会議。来年度の方向性と今年度のまとめの仕方について最終確認。すっきりまとめてしっかり提案。
4、情報教育の反省と来年度の方向性。カリキュラムで確認すると、全体的に知識の部分の学習ができていないことに気づく。モラル系の学習は、2学期の最初に反省事項としてあげていたので、実践が進んだ。来年度は、ICT活用の簡単実践例を研修で取り入れること、カリキュラムに関連する教科の単元を入れる方向で決定。
5、総合。来年の柱を決める。情報教育との関連。教科との関連。さまざまな分野でのつながり等まだまとめの段階だがなんとなく見えてきた。

来週は、公開授業。メディアとのつきあい方学習の公開。2時間続き。
土井先生の公開授業よりは楽だなあと思いながら、まだ着手できずにいる私。明日夜から東京に向けて出発。あー寝られるかなあ・・・・。

外務省のキッズのページから教材に使えるものを探す。フラッシュ教材にやっと会員登録

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »