« September 2006 | Main | December 2006 »

October 21, 2006

陸上大会

美作の陸上大会
標準記録を達成した7人が参加
みんな短い練習期間だったが一生懸命に走っていた
何でもがんばる姿はすばらしい。
とてもかわいい子ども達に精一杯の声援を送った。
いつもは,やんちゃな(でもかわいい)大きめの男の子達が
リレーの召集場所で小さくなって座っていた。
周りの学校の子は,余裕を見せて石を投げ合っている中。
その姿があまりにかわいく?
「普段どおりすれば大丈夫で!」と言った私の言葉に
素直に「うん」と言った4人。緊張したんだろうなあ・・・・・
60mHでは,9秒3の大会新記録が出た。
日々鍛えている子どもはすごいなあ。
短い時間でここまで出来る西の子どもに,無限の力を感じた。
みんな標準記録を達成し,満足してかえっていった。
また行事が終わった。卒業まで後5ヶ月半を切った。
いよいよ、総合も取材に出かけるまでになった。
ここからが正念場。私も気合を入れてがんばろう。

| | Comments (0)

October 15, 2006

土日は応援

息子のバレーの応援
敗者復活戦で2勝し県大会への切符を手に入れる。
昨日は応援に8時間 今日は9時間
長い時間を応援に費やした。疲れた・・・
今日は応援をやめて仕事に専念しようかと思ったが
いつもじっくりかかわっていないので応援に専念。
そのかわりに、明日の準備が不十分。6年生のみんなごめんなさい。

バレーの選手はみな大きい。
息子は本当に小さくてかわいそうなくらい。
でも小さな体でリベロというポジションをがんばっていた。
相手の力強いアタックに吹き飛ばされることもしばしば。
小さな体がますます小さく見えた。
チームの仲間は小学校からの仲間。
みんなは大きくなって、息子は大きくならないまま
一番悔しいのは息子だろう。
リベロはサーブもアタックも打てない。サーブはあれだけ練習を重ねてきたのに
突然のポジション変更だった。でも自分の持ち場を守ることの大切さを私に教えてくれる。
私の持ち場はどこなんだろう。やりたいことと、持ち場は違う気がする。

| | Comments (0)

October 13, 2006

立候補

児童会選挙。
クラスから児童会会長・副会長・書記を選ぶ。
それぞれ6名・6名・7名立候補が出た。
普段目立たないおとなしい子どもも立候補している。
みんなで、一人ひとりの「どんな学校にしたいのか、そのための具体策」をしっかり聞く。
その後、本人達を別室に行かせ、残りの子ども達と、どの考えに賛同するか聞く。
仲がいい人に賛同するのではなく、立候補者のここがよかったから○○さんがいいときちんと言える。
みんなしっかりと自分の意見がいえていた。
人が立候補したとき、単に手を挙げて決定するものではないと思う。
その思い、考えにきちんと耳を傾け、しっかりと判断し話し合うべきだと思う。
時間はかかるけど、人の気持ちに寄り添うということはそういうことだと思う。
みんなが一生懸命に話し合っている姿を立候補者にも見せる。
これでもし落選しても、納得できるよね。と確認した。
みんなすっきりした笑顔で「うん」と答える。
児童会が学校を動かすのではない。
委員会そしてみんなの気持ちが一つになったら学校は動かせる。
その思いはみんなに伝えた。
立派な6年生になったと確信した日だった。
しかし私は、今日はなんだか眠い1日。昨日の応援疲れかな。
「先生はしゃぎすぎ!先生の声が向こうの方まで聞こえた~!!」
と朝から指摘されてしまった。(ははははは)


| | Comments (0)

市陸上

晴天の中 陸上記録会があった
運動の苦手な子も嫌いな子も一生懸命に練習をしていた。
その姿だけでも本当に嬉しかった。
そして当日。あんなにこけていた子も、もうできないって言った子も
懸命にゴールを駆け抜けていた。終わった後のすがすがしい顔、悔しそうな顔
決して大きくない体の子ども達が、大きな体の他の学校の子ども達と混じって
力を出し切っていた。
我が子を見るような気持ちで、とても嬉しかった。
ガッツポーズで帰ってくる子。とてもかっこよかった。
みんな大きくなったなあ。
短い期間でここまでよくがんばったね。
みんなお疲れさまでした。
次の大会に向けてがんばろう。
精一杯の声で応援したみんな。心が一つになってるんだなと思った。
みんなの姿をしっかり焼き付けておこう。
もう二度とない時間だから。

| | Comments (0)

October 09, 2006

メディつき

日曜日メディつきの研究会があった。
数年前5人で始めた研究会。
回を重ねて今では20人を越している。
すばらしいことだと思った。たくさん失敗もしたセミナーのWS。
落ち込むことも多く、自分には力がないと感じる日々。
そんな中でも、セミナーに参加し、研究会に入ろうと思ってくださった先生方。
本当に感謝の気持ちでいっぱい。
勿論、堀田先生の存在が多くの方の心を突き動かしているには違いないのですが・・・

どの先生も本当に第一線で活躍されている方々。
私のような基礎がない人間とは違う。
私は情報教育初心者と同じ。教員もかけだしに近い。
自分の勉強不足を感じた。
でも、嘆いていても仕方がない。できることからやっていこう。

今日は、叔母の畑のくり拾いに母と出かける。
とてもいい題材に出合った気がしたので、さっそく明日の「詩」の題材にしよう。
班の分だけ、いがの中に入ったままのくりを持ち帰る。後は大好きなくりごはん。
一つのいがぐりの中に、くりが仲良く均等な大きさで並んでいるもの。
でっかいくりに押しつぶされてうすべったく育ったもの。人の世界もこのくりの並びとにてるなあ・・・
なんて感じた。明日は、ちょっとくりについて話してみよっと。

ちょっと離れたところに、メル友ができた。いろいろな人とつながることはなんだか嬉しい。
明日からもがんばろう。今週は、学童陸上がある。がんばってみんな。

| | Comments (1)

October 01, 2006

城西まるごと博物館フェアー

今年は,6年生が子どもガイドとして参加
その他にもるるぶ城西が今年も展示してあった。
本当にありがたい。
雨が結構降っていたが,多くの客が訪れていた。
6年生も多く参加していた。
こんな雨の中,参加人数が多いということは
やはり地元にいらっしゃる方々の努力と気力と
地元への思いだと思う。
クラスの保護者の中に,この活動の中心を担っている方がいらっしゃる。
そのHPを拝見させていただいた。
地元のことを知り尽くされている。
私が総合の下調べとして調べた情報など役にも立たないほどだ。
10月からは本格的に,「城西再発見!」(仮称)を始める。
やっと調べることと,調べる経緯と調べ方,方法を決定した。
けれども,やはり「聞くべき人」が見つからない。
地域のことは地域の人に聞け!のとおり,私は調べ方を含め
講師探しの相談をしてみようと思った。(よろしくお願いします)

昨日のブログをみて数人の先生がメールをくださった。
ありがとうございました。
研究会のみなさんには,ご迷惑をおかけました。
でも前を向いてがんばります。支えてくださってありがとうございます。
心から感謝します。

| | Comments (1)

« September 2006 | Main | December 2006 »